プロフィール

IMG_6229 (2).jpg

茂藤かおり (もとう かおり)

熊本市在住

・・・・・・

今は夫と2人暮らしです。
長女(28才)は結婚し韓国在住、長男(26才)は東京で会社員。

・・・・・

・・・・・・


どうしたら、自分も人も愛せるだろう?

どうしたら、平安でいられるだろう?

幼い頃からずっと、”やすらぎの居場所”を探し求めていました。

いつも漠然と、「責められている」感じが抜けませんでした。

言葉では表せないような、救いようのない絶望感がありました。

・・・

いろんな探究をし尽した先に【奇跡のコース】【非二元】に出会いました。

そして、これまでの人生の苦しみ、生き辛さの理由がはっきりしていきました。

・・・

もう少し詳しく、過去から現在までを書こうと思います。

幼い早々から「分離感」が強く、世の中に違和感や白々しさを感じていました。家は諍いが絶えず、安心して過ごしたことはありませんでした。

両親、大人たち、人間、社会、世界、に不信感と絶望を感じていて、身体も弱く、よく病気しました。

「人間の存在」「生き死に」の理由を早く知りたいと思っていました。

また、「宇宙」に答えがあるかもしれないと、見えない世界に思いを馳せたり・・。

高校生のとき、なぜか気になっていたプロテスタント教会に通い、「聖書」に真理を求めましたが、読めば読むほど自分を責めることになり、苦しくて、19歳の頃に、不信感で離れました。

ただ、「イエス・キリスト」という存在の中に”確かさ”を感じていて、この”確かさ”はなんなのか?を知りたいと思っていました。

25才で結婚。

家族と居場所ができたことに一時的に安心し、子育ては不安がありながらも楽しかったです。

親からしてもらえなかったことを子供たちにしてやろうと夢中でした。

子育てに情熱を傾けても、相変わらず欠如感や絶望感がありました。

癒えていない過去もそのままでした。

外で活動することで、癒しの答えが見つかるかもしれないと、逆に私らしくないことをやってみようと、思い切ってエクササイズの体操協会で資格を取り、インストラクターをしたり、エステ店でエステティシャンとして働いたりもしました。

そのうち、”この世界と人を癒したい!”という思いが強まっていき、ホリステック療法の提供として、アロマテラピーのインストラクターとして独立しました。

色々探りながら、頑張っていましたが、心は彷徨い続けていました。


確かなものを掴んだと思っても、次の日には新たな葛藤がわきます。


そのうち、この埋まらない欠乏の感覚を夫に向けるようになりました。


「きっと、この結婚は間違っていて、満たされていないからだ!」と思っていました。

外では癒しを提供しながら、夫との仲は最悪。


また、両親のこともゆるしていませんでした。

そして、30才後半、ある日の夫と険悪な喧嘩の末、ふいに、幼いころからのぬぐい去れない心の苦しみを夫にカミングアウトしたのです。


心の叫び、絶望感、を誰かに訴えたのは初めてでした。

夫が理解してくれたことに驚きました。

嘘のない叫びは届くのだと、ずっと後で気づきました。


そして、このことがきっかけになり、本格的に「心」について学び始めたのです。

私にとって、大きな転機でした。

関心が「身体」から「心」へと深まっていきました。

交流分析、再決断療法、ヒプノセラピー、NLP、ゲシュタルト療法、「仏教」「禅」など心理療法、また身体のことも見直そうと分子整合栄養学や陰陽五行などの東洋医学も学びました。

内側にあるパッションに突き動かされ、探究し続けました。

どんどん変化し始めました。

夫や子供との関係が良くなり、両親へのわだかまりも薄れ、余裕ができ、住む環境などの「形」の世界も劇的に良くなりました。

そして、自分が実践して効果があった「心理療法」を仕事として提供するようになりました。

また、内なる衝動に突き動かされ、推敲を重ね作成した「メソッド」も提供しました。


この間の20年間、たくさんの機会をいただき、何千人もの方達と、セラピスト育成やセッション、サポートに関わらせていただいのです。

・・・・・

一見、順調になってきましたが、相変わらず心は葛藤していました。

物質世界で満たされても、依然として絶望感は消えていません。

「真実」は遥かかなたに思えました。

人間関係も、順調そうに演出しているだけだったのです。

「私、何か、間違ってる・・・」

依然として、世の中や人や自分にジャッジし続けている。

絶望感は消えていない。

愛がわかない。

​「私は癒えてなどいない・・・」

「セラピストというあり方がわからなくなってきた」

「この世界で、その場しのぎの喜びを追いかけ、気を散らし、誤魔化しているだけ」

「突き動かされるままやってきたけど、何かズレている」

「私は役割を演じていて、本当の私を生きていない」

心は悲鳴を上げていました。

・・・・・

「もう一度、見直したい」

これまで築いてきたものを終わらせるのは怖かったし、震えましたが、これまでの仕事と人間関係から離れました。逃げたのです!

・・・・・​

そうして、ずっと心にひっかかっていた「奇跡講座」を再開しました。

かって、一度取り組んで、途中で断念していたのです。

​​*ACIM(奇跡のコース)との出会いとプロセスはこちらに書きました。
➡●https://ameblo.jp/kuzira626/entry-12709149342.html

2度目の「奇跡講座」の受け取り方は、以前とは違うものになっていました。

おそらく、これまでのセラピーの癒し等で、少し「投影」が薄まってはきていて、癒されている分だけ素直に気づける余裕が出ていたのでしょう。

また、重要な変化は、一人でどうにかしようとせずに、兄弟に「助けて」と言えるようになったことです。

兄弟に、絶望感や、隠し持っていた思いを打ち明け、それにより「本当の親密性」と「一体感」が思い出されていきました。

セラピスト役の仮面がようやく外れていきました。

セラピスト役は、私の防衛の手段だったのです。

人の役に立とうとしたり、人の上に立とうとしたり、助けたりすることが、私という「個人」「特別性」の主張になっていました。

 

自分の存在意義を成り立たせないと生きていけないと思っていたのです。

自分で判断するのをやめる練習をしていきました。

「わかりません」と降参する練習をしていきました。

兄弟に本当にさらけ出す練習をしていきました。

・・・

これが「全体」へのゆだねとなっていきました。

「全体」という安心感の中で、闇は光へと消えていく。

ゆるしの本質が、私を「空(くう)」へと導いていく。

・・・

以前のセラピーも、一貫して、闇をしっかり見て、そのあと、光へ統合するという誘導をしていました。

ですが、自我は用意周到で、いつの間にか、「特別性」「分離性」が目的となっており、「全体」「一体性」という自覚へ導かれず、「個人」にとどまってしまっていたのです。

​ようやく、特別性の固持がゆるまり、それと同時に、「光」「愛」「空」というゆるぎないバックボーンに信がおかれ、安心して「自我」のすみずみが消えていくさまを見守れるようになりました。

不可欠なのが「兄弟」という「対等性」。

すべてを「同じ」に見る。

ということは、「罪」も「特別性」もないということ。


「自我」は否定されずに純粋に受け入れられ、「愛」という本性への目覚めが起こるのです。

・・・・・
『神に秘密はない』
【テキスト22 Ⅰ.3:10】
・・・・・

奇跡講座のテキストにこう述べられていて、心底、ホッとしました。

愛は隠されていなかった。

私たちが見ようとしてこなかっただけ。

・・・・・
『肉体は、自我が選んだ自我の住処である。』
【テキスト4 Ⅴ.4:1】
・・・・・

幼いころからあった違和感や分離感への答えが、全てありました。

・・・・・

「自我」「思考」「肉体」という不確かな「個人」としての主張を、丁寧に、正面から見てあげる。


「個人」の主張の奥にある「罪悪感」、弱さと怖さを認める。


ちゃんとその存在を認め感じてあげられたら、「全体」という「光」「愛」「空」にゆだねられていく。


その先にある「確かさ」へと運ばれ、自然に溶けていく。

「個人」から「全体」へ。

本当は、この「全体」から一度も離れてなどいない。

私たちの本性へと戻る。

この安心感、一体感、ゆるぎなさ。

途絶えたことのない、静かな喜びに満たされる。

​・・・・・

「奇跡のコース」の教義にこう述べられています。

『実在するものは脅かされない。

 実在しないものは存在しない。

 ここに神の平安がある。』

 ACIM 教義

・・・・・

日常の全てが、「全体」への、祝福となっていく。

・・・・・・

”Humming”

これらの気づきをわかち合いたいです。

・「奇跡講座」の読み合わせ


・目覚めへの個人セッション


・オープンカフェ&シェア会

を提供しています。(ドネーション制です)

 

わかち合いたいです。

いつでも、どなたでも、ぜひお気軽にご連絡お待ちしております。

・・・・・・
どうぞよろしくお願いします。


最後までお読みいただきありがとうございました。
・・・・・

※【Humming】および、「奇跡講座」「非二元」は宗教ではありません。
いかなる宗教団体とも関係がありません。


「奇跡のコース実践記録」のblog

https://kuzira626.hatenablog.com/


・・・・・

【あなたは神に倣わずに創造することを選んだ。
だから、自分のために恐れを作り出した。
あなたが心安らかでないのは、自らの機能を全うしていないからである。
神は、あなたがまだ全うしていないきわめて気高い機能を、あなたに授けた。
自我は、それを全うする代わりに、恐れることを選んだ。
(テキスト 第4章Ⅰ9:3-6】

・・・・・

【恐れのあらゆる側面は真実ではない。
なぜなら、それらは創造的レベルでは存在せず、

したがって、まったく存在しないからである。(テキスト 第1章 Ⅵ 5:1)】

・・・・・

【神からの分離という感覚だけが、あなたが真に正すべき唯一の欠乏である。
この分離の感覚は、あなたが真理についての自分の知覚を歪め、

それによってあなた自身に欠乏があると知覚したのでなければ、決して生じることはなかった。
(テキスト 第1章 Ⅵ 2:1-2)】


・・・・・

【あなたは兄弟の無罪性を裁くのと同じように自分の無罪性を裁き、
兄弟の無罪性を受け入れるのと同じように自分の無罪性を受け入れることになる。
(テキスト 第9章 Ⅵ 4:9)】

・・・・・

【奇跡はあなたの聖性をとりなし、あなたの知覚を神聖にする。
物理的法則を超えたところにあなたを置くことにより、
奇跡はあなたを天界の領域へと引き上げる。
そこでは、あなたはまさしく完全無欠である。
(テキスト 第1章 Ⅰ 32:2-4)】